忍者ブログ






かたないふ にようこそ^^お絵かきしてます。初回訪問の方はAboutをご覧ください。至らない点が多いかと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いいたします。
[167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


不思議だ…地球はこうしてまわっている。

ずっとこうしてまわってきた。飽きもせず、休みもせず。

俺が地球なら多分4万回くらいストライキして300万回くらい血反吐はいてぶったおれて9億回くらい駄々こねて多分今は北半球から見て反時計回りに回っている。間違いないね。

そろそろ飽きてるんじゃないかな。そろそろ。

そろそろキレるって。絶対。地球さん流石にガマンしすぎだって。そろそろ来てるって。

明日起きたら地球がラリって宇宙に向かって「アイアムアプラネットアースデース」とか叫びながら300キロメートルくらい噴煙上げて公転軌道から外れだしてるよ。
もう人類とか余りの地球さんの猛威になすすべなく地下シェルターで肉団子になってしまってるよ。ざまあみろ。

かわいそうなのは月さんだよね。月さんは多分最初に被害にあうよね。
「テメエまじジャマ」みたいな扱い受けて宇宙のかなたへと第三宇宙速度でブン投げられて帰ってこれなくなっちゃうよ。
今まで律儀にずっとずっと地球のことしか見てこなかったのに。なんて可哀想な月…報われないねえ。

で、そんな粗ぶる地球上でも生物はたくましく生存競争していく。ただし主にプランクトン等の単細胞生物。人間は科学の粋を尽くしても肉体が持たず、死滅の危機に追いやられるが、最後の頼みの綱として、精神をプランクトンに投影して実体は情報世界で今まで見たいに生きる。地球は気付かないのでこれであと3億年くらい安心安心。

まあ今日はまだ大丈夫。明日だよ。勝負は明日なんだ。重要なのはそこなんだ。



ハテ、僕は何をしているのだろう。


 
(補足説明)
ちなみに俺が地球だったら何回も逆方向に方向転換しまくるという意味なので今の地球と同じ北半球から見て反時計まわりだと言いたいわけでは決してない。断じてない。間違えたわけじゃないんだ。間違えたわけじゃ。

ちなみに月の顔は本当は月の裏側にあります。観測上の事実なので仕方ありません。アンドロメダ星人のUFOによる観測であって地球人はまだ知らないと思うけど。

ちなみに人類を救ったのはアンドロメダ星人であって人類ではないけど人類は自分たちの科学力だと信じている。もうすがりつくように猛烈に信じている。アンドロメダ星人にしてみれば宇宙の食いぶちを減らしたかっただけだろうがね。

ちなみに僕はウソをついているとあんた思ってるだろ?思っているんだろう?なあ思っているんだろうが?はいそのとおりです。ごめんなさい。まじで。


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
うぇぶはくしゅ

拍手ボタン設置しました!別にR-18じゃありますせん笑
何かコメント、励まし、意見、ツッコミなどありましたらこちらから送っていただけると嬉しいかも!かも!
管理人について
かたといいます。
自己紹介(ver.2)の詳細はこちらです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク(バナー)
pixiv
そういえばあったpixivバナー

もこみっくる みっくさん

小鹿の住処 小鹿さん

ハズの見果てぬ夢 ハズさん

萩 萩原彰さん

pure doux** 中村さん



~当サイトへのリンク~
当サイトはリンクフリーです。
バナー200×40 かたないふ画像のURL  http://file.kata.mangalog.com/banner_kataknife.jpg
リンク先http://kata.mangalog.com/でお願いします。
管理人は「かた」です。
わりと変更するかもしれないので直リンクおkです。
最新コメント
コメレス済のコメントにはが表示されます

[03/10 かーたー]
[03/23 かしぱん]
[12/07 にく]
[10/02 萩原]
[06/15 にく]
ブログ内検索
フリーエリア
あいあむふりー
なり
時々過去の自分が書いた文章を読み返してみると面白い。再発見することもあるし、そういう意味でも日記のようなものは有用だと思う。
忍者ブログ [PR]