忍者ブログ






かたないふ にようこそ^^お絵かきしてます。初回訪問の方はAboutをご覧ください。至らない点が多いかと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いいたします。
[198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ここ数日感じたことでも書こうかななどです。



選択授業で、面白いゼミを取ってる。

デザインの実用的側面というか、例えば工学とか、経済学にデザインを生かすには、というような、プロダクト・デザインの授業。
美大の教授(なんか多方面で活躍してるすげえ人っぽい)が客員か何かでいらっしゃって、僕たちの受験勉強で凝り固まったのうみそに、デザインの才能を植え付けようってこと。

なんか前回は、授業の最後に音楽聞きながらイメージを針金曲げることに落とし込むとかやった。

クリエイティブ(?)で面白い授業だ。


以前の僕に見つけられなかったこたえをひとつ見つけられた気がする。

授業のストレスは、うまく授業だけでバランスを取ることを心がけるのが正解だったようだ。

以前の授業に出られなくなった時の僕は、小難しい授業、準必修で皆がだいたい取ってるから取る、みたいな選択をしすぎてオーバータスクになってた。
今思えばあんな偏ってるんじゃムリになって当然だよな。もともと好きでもない授業なのに。

それよりも、今回のみたいに面白い、と感じる異質なものを発見する努力をすればよかったのだ。

ま、答えがひとつ見えただけでも、これまで時間を費やしてきたかいがあるというものです。


あと、明文化しないともやもや引きずるかもしれないので、ひとつ書いとく。

前回の授業で針金をグニャグニャやったわけだが、後からフト思い返すと「なにやってんだ笑」ってなる瞬間は確かにある。
でも、そのときすげえ面白かったのもまた確かだし、授業の内容と併せてなんかいい刺激になってると思う。
だからこそ、そういう普通じゃなさ、ってものを「何してるんだ笑」で済まさず、もっと自分の中のなにか、を解放する練習をしていきたい。
そう思うので、この感情を整理して明文化しておくことにした。


僕も大概変人なのだが(自分で言い切るのも変かもしれないが、なんかやっぱり周りの評価とか考えても変人だと思う)、もっとクリエイティブな変人さを突出させてゆきたい。



それから。
知り合いふたりが出てるのもあって、演劇サークルの演劇を見に行った。

物語に感情移入できて、すげえ感動した。

僕は何だかんだ言ってハッピーエンドっていうかな、とりあえずよかったね、ってかんじの終わり方が好きなんだが、その物語もそういう終わり方で、カタルシスに浸ることができたんだぜ。

内容は教育がらみっていうかな、先生と生徒、高校を舞台にした学校生活において、人間関係の危うさと複雑さ、そしてすばらしさを描いたもの、と言えばいいのかな。

知り合いのふたりがうまく役柄を演じてて、普段の印象とまた変わって見えたのも面白かったなw

こういう機会があるときは、定期的にものがたりを吸収しに行きたいなと改めて思ったよ。



あ、あと。

カイジのセリフに改めて衝撃を受けてしまった。

「迷ったら…望みだろ…!望みに進むのが気持ちのいい人生ってもんだろ…!」

沼編を読み返してたんだけど、カジノのトイレで、カイジが遠藤に金を貸してくれるよう説得するシーンのことば。


チクショオ。そうなんだよなあ。



後悔せず生きてゆきたい。

これから先、まさに今の自分でいいんだ、と自信を持って生きてゆきたい。

そのためにも、希望を捨ててブスブス不完全燃焼しながら楽しくない人生を送ることはしたくない。

例え、その人生が万人に認められる素晴らしい社会的地位と安定した収入の生涯安泰な道だったとしても、いやだ。


優等生だった。

僕は、所謂優等生だった。だからまわりが勝手に秀才天才呼ばわりしてくれる。

それは気持ちいいことだった。

勉強は大嫌いだし、別に大して真面目にしてなかったんだけど。

それでも、とりあえず体裁だけは真面目にこなして、とりあえずいい成績取ってれば、周りが高めてくれる。

僕は、謙虚なつもりだった。そんな自分におごっていないつもりだった。

だけど、大学に入って気がついた。そういう評価してくれる人間、ある種の勉強に関するなれあいの関係ってのがなくなって初めて気がついた。

僕は、そんな自分自身を、全く評価しちゃいなかった。

だから、そんな自分に自信のひとつもついちゃいなかった。

そこにあったのは、何の拠り所もない、弱い自分を守るための、ただの虚栄心だった。

自己評価を失って、価値を見いだせなくなった僕は、大学に合格して目標すら失い、完全に燃え尽き症候群になった。

1学期はまだ余波で頑張れたから何とかなった。

でも、そうこうしてるうちに気が付いてしまった。

僕の中学の時(詳しくは省略するけど)からの夢は、描きたい世界観を、漫画を、具体的な形にすることだ。

高校の時の僕は、勉強も、まんがも、何もかも、将来生きていく、ということに繋がってなかった。

ただ、漫然と周りの評価を慰謝剤に苦しみを耐えてただけだった。

大学で評価を失い、そして自分の将来についていやでも具体的に触れなくてはならなくなってきた時、僕には「無理だ」としか思えなかった。

勉強の結果として導き出される仕事、そして、今(大学入った当時としての今)まさに技術を上げてなんとか初心者程度には描けるようになろうとしているまんが、これを両立するのは無理だ、そして、僕には何を選んでいいのか、何を捨てていいのか分からなかった。

何も、分からなくなった。

やる気もなくなり、評価もなくなり、指針もなくなった。

結果として、1年以上の間、僕は停滞してしまった。

その間、鬱病とまではいかないだろうが、かなり精神的に参ってしまい、生活もどうしようもなく崩れてしまった。

学生相談所の先生にお世話になったのに行かなくなってしまい、大学の保健センター精神科の先生にもお世話になったのに行かなくなってしまった。

僕の愚痴や焦りから出てくる奇行なり当たりなりは、まわりの人にとても不快な思いをさせてしまった。

深夜にチャットで延々と僕の愚痴というか相談というかを聞いてくれた友人がいた。

高校の同級生に、唐突に相談をふっかけた。

先輩に話を聞いてもらったりもして、迷惑をかけた。

最終的に、実家に帰ってる時に、ツテでそういう専門の人におはなしをしてもらって、それでもまだ完全には戻れなかった。

久しぶりに会った同級生に、たまたま話を聞いてもらった。

そこらへんで、何か気持ちの整理がついたような、つかないような、そんな半端な気分ではあったのだが、僕の中の何かがやっと、変わったようだった。

一年以上かかってしまった。

でも、もうそれは後悔しないことにする。

僕にでも可能な道を発見し、とりあえず納得することができたんだ。

だから、これからは後悔しないよう、自信を持てるよう、しっかり進んでゆくことにする。

(っていうか何気なく流してるけど迷惑かけた皆さん、すみませんでした。ありがとうございました。僕なりに感謝してるつもりです。)



演劇の話にちょっと戻るけど。

高校の先生がたを思い出した。主演の演じる先生から、高校の時のとある先生を思い出してしまい、高校の時の先生がたを思い出してしまった。

みんな、とてもいい先生だった。

その時もそう思ってたけど、それは僕のいい子ぶりっこな面がそう思ってただけかもしれないので、今改めて言う。とてもいい先生がたでした。

沈んでいた時、高校の先生がたの顔を思い出しては後悔していた。

優等生だったはずの僕が、なんでこんなことになってるのか。

僕は結局先生から何を学んだというのか。

意外だってだけじゃなく、失望されるかもしれない。見損なわれるかもしれない。

まあ、その時点でおごってるんだけど。


実際、先生にとっては、どんな優等生だろうが問題児だろうが、ただのひとりの子供、生徒。

それを実感したのは、帰省して高校に立ちより話した時。

別に失望とかとは程遠いもの、そこには、なんだろう、単に生徒の悩みの相談にのる先生しかいなかった。

あたりまえだった。

思えば、高校の時だって、僕が勉強うっちゃって卓球とかバドミントンして遊んでるの先生は知ってたし笑

何を悩んでいたのだろう。逆に先生がたを貶めてしまっていた僕が恥ずかしい。


今はこんな僕だけど、この指針に従うなら、多分5年後くらいにはどうなるか決まってるはず。

その時の自分に自信が持てるようになってたなら、改めて先生がたに感謝のことばを述べに行きたい。

勉強とかとはまた違った、とても重要なものを教わっていた。

まだ生かし切れていないけれど、うまく言葉にも表せないけれども、確かに教わっていた。

具体的に、僕の将来という形にすることでしか、あらわすことのできないものだと思う。だから、まさにその時、それを教えてくれた、すばらしい先生がたに感謝したいと思います。



長くなりましたが…ここ数日のつもりだったで感じたことでも書いてみたなどでした。

さて。

さて、そんな私ですが、クリエイティブにキメるためにも曲に合わせて寝ぐせを付けることにいたします。

なのでおんなのひとは曲に合わせて服を脱いでいってください。

ただのストリップではありません。クリエイティブ脱衣です。



んじゃ、冗談は置いといて。僕らの道にクリエイティブな希望を!

ウヒョー\(*´∀`*)/ワーフー
(※クリエイティブ脱衣のため下半身はお見せすることができません)


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
希望、いい言葉ですね!

サークルがてらかもだけど、日本語の表意文字って考えると楽しいわ、楽しいよ?w

うん、全然というかほとんど関係ないけどね。w
まふ 2011/06/14(Tue)01:43:56 編集
Re:無題
希望をもって生きたいですね。
関係ないことでも別におーけーだぜ。
昨日潰した蚊の数とか自慢し始めてもいいんだぜ。ちなみに僕はゼロ匹です。
【2011/06/14 03:44】
関係ないことでもおーけーって聞いたので
今日の夕飯の献立を書きに来ました!


おにくをやく
にく 2011/06/15(Wed)15:10:26 編集
Re:関係ないことでもおーけーって聞いたので
焼身自殺を公言されるとは流石の俺も予想だにしなかったぜおにくよ(`・∀・´)
【2011/06/15 16:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
うぇぶはくしゅ

拍手ボタン設置しました!別にR-18じゃありますせん笑
何かコメント、励まし、意見、ツッコミなどありましたらこちらから送っていただけると嬉しいかも!かも!
管理人について
かたといいます。
自己紹介(ver.2)の詳細はこちらです。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク(バナー)
pixiv
そういえばあったpixivバナー

もこみっくる みっくさん

小鹿の住処 小鹿さん

ハズの見果てぬ夢 ハズさん

萩 萩原彰さん

pure doux** 中村さん



~当サイトへのリンク~
当サイトはリンクフリーです。
バナー200×40 かたないふ画像のURL  http://file.kata.mangalog.com/banner_kataknife.jpg
リンク先http://kata.mangalog.com/でお願いします。
管理人は「かた」です。
わりと変更するかもしれないので直リンクおkです。
最新コメント
コメレス済のコメントにはが表示されます

[03/10 かーたー]
[03/23 かしぱん]
[12/07 にく]
[10/02 萩原]
[06/15 にく]
ブログ内検索
フリーエリア
あいあむふりー
なり
時々過去の自分が書いた文章を読み返してみると面白い。再発見することもあるし、そういう意味でも日記のようなものは有用だと思う。
忍者ブログ [PR]