忍者ブログ






かたないふ にようこそ^^お絵かきしてます。初回訪問の方はAboutをご覧ください。至らない点が多いかと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いいたします。
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


食い散らかしたチョコの個包装袋。コンビニのビニール袋の中に詰め込んで、その中にひとつだけペットボトル。
ミルクティーの残骸。後は虚しく溶かされて再生されていくだけの輪廻式ポリアミドもどき曰くポリエチレンテレフタラート樹脂。
燃やしても有毒なガスは出ない。カーボンダイオキサイドは出るけどダイオキシンは出ない。エコな僕らの友だち、PET樹脂。


今回はそんなペットボトルがお送りする2時間ちょっとの散歩道。もとい自転車de深夜徘徊。
帰りついてゴミとなりゆくチョコの個包装とペットボトル氏を見るに、出棺前の棺桶を彷彿とさせる。個包装の花の中、静かに横たわるペットボトル氏。彼の冥福を祈る。

彼のペット生は決して恵まれたものではなかった。コンビニの冷た~い飲み物棚に陳列されるため、生まれてきた彼。似たり寄ったりの仲間たちの中から選ばれたら選ばれたで。あっというまに吸い付くされて尽き果てたのだ。
儚きかなペット生。


彼のこれまでに思いをはせながら、しばしの黙祷。黙祷やめ。
半濁点一個って何秒だろう。誠意がないようなのでもう一度黙祷。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。黙祷やめ。

今回の計測により、半濁点一個は0.1秒以下であることが判明したようであるが、特に気にしないでおいてほしい。私の誠意は疑う余地のないものであり、そこに付け入るスキを見出そうという輩の心卑しきこと限りなし、とは過去何度も言いつくされた言の葉であった。

何度もとは2度以上をここでは指しているのであり、2度とは温度にして絶対温度275.15ケルビンのことに他ならない。これは圧倒的な事実である。恐ろしき事実である。
ちなみに1.1度も零捨壱入により2度になることは明白なまでに明白な事実である。


さて、心の卑しき人間の弁解はこれくらいにしておこう。

私は彼との最後の時を過ごす。ペットボトルの口を掴んで回転をかけながら空中へと放り出す。回転の周期を読むことは私の頭がスーパーコンピュータでなくても意外とたやすいので、落ちてくるペットボトルの口をキャッチするのは結構カンタンである。
というほどカンタンではないが、決して難しくないのである。お試しあれ。

ポーンクルクルパシッ。2回転であった場合の擬音はこの通りであろうか。5回転であった場合を例として示す。ポォーーンクルクルクルクルクルパシシッ。天井という制約さえなければ、それこそ無限大の回転が生まれるのである。これこそは最新の風力発電であり、ペットボトル氏の偉大な功績が垣間見えるであろう。


さて。
キャッチングミスをしてしまった。名人の手にも過ちはある。おそらくこの競技を発電技法として確立したのは私が世界初であるからして、私は間違いなくワールドレコード保持者であり、大名人様なのであろう。このままでいればアト百年もすればノーベル平和賞間違いナシなのである。偉大である。

偉大とは偉井大学の略称であり、偉井大学が言及の余地もないまでに圧倒的な圧倒的さを見せつけた時代があったのである。それはあまりに圧倒的であったため、人類史に記録する必要性さえないと思われていた。
案の定、忘れ去られたのである。人類とはかくも愚かしき存在である。バーカなのである。
こうして略称であった偉大のみ、現在に意味を語り継がれることとなったのだ。
発音してみるとより明確である。「エライダイガク」。「偉大」の音が聞き取れるであろうか。イヤ明確である。


話が大きく脱線してしまったが、我を失ってはいけない。
キャッチングミスである。
ペットボトル氏はベットの下へとブッ飛んで行った。
「オヤ、先生はベットの下がお好きでしたカ」との私の質問に氏は無言で答える。漢の会話を体現しなさる先生の偉大(略称である)さに心打たれながら、私は「さうでございましたカ」と返す。
全く、私に漢の会話は三百年ホド早い。それだけ私は権威を笠に着た小物なのである。


しかし恐ろしきかなペットボトル・アンダー・ザ・ベッド。
過去何人もが見て見ぬフリを決め込んだ大量のペットボトル・アンダー・ザ・ベッドによる洪水に巻き込まれ死亡した。

かくいう私も数カ月程前。デスク脇の稼働式引き出しなるハイテック機材の上に陳列された廃ペットボトル群を何とかかんとかしようともくろみ、ベッドの下へと不法投棄した。
あの頃の私は幼かった。具体的に今より数か月程、数十日或は百数十日程幼かったのである。

そこへと、母が私の住まいへと訪れたのだ。何の前触れも無かったならば仕方のないことかもしれぬ。しかし私は数日前に知っていた。ケータイメールによって啓示を受けた上で、当日の朝二度寝という悪魔の誘惑に負けていたのである。

鳴るはチャイム。飛び起きた私は数秒のタイムラグにて全てを悟る。
ベッドの下に潜みしはエロ本なぞではなかった。ペットボトル・アンダーザ・ベッド、略称ベッドボトルであったのだ。
母に「何ネ!?コレは!!」と手痛い一撃をもらうことを恐れた私は、母がより早急に手をつけねばならぬと見た流し場付近でゲリラ線を繰り広げている間に、これの処理に取り掛かった。
何と、あろうことか僕らの友だち、エコの盟主たるペットボトル氏達を、あろうことか、燃えるごみとしてゴミ袋の中にブッ込んだのである。

目先の危険からのがれるため。私の卑しき小物根性は炸裂していた。結果としてベットボトルが母の目に触れることはなかったが、私は何か大切なものを失ったのである。
そう、ペットボトル氏達との友情、ゴミの回収ルールという盟約の2点である。平常点2点を失った私は、審判の日のテストは98点満点にて実施されるのである。恐ろしいことだ。


このように一気に過去のキオクが走馬灯の如く私の脳裏を駆け抜けた。こうしている間にも、私は死へと向かって一秒一秒時をムダにしているのである。
漢・ペットボトル氏は、ベットボトルとなり果てた今でも、無言で私にそれを示してくれているのだ。自らの死をもってかようにもか弱き私に教えてくれているのだ。
ここで火曜に、と言わないアタリ、私の偉大さを示しているのだ。なんとマア偉大なことだ。


氏の出棺の言葉は「キサマはコマに過ぎないんだよ。オレの手の上で踊らされるコマだ」であった。
意としては「どんな人間であっても、人生の主役はその人。他人に流されすぎること莫れ、時に他人は自分の人生において利用すべきものと思え」といったものだ。これをエキサイト翻訳にかけて更に白黒反転して貼り付けたカンジ。そんなカンジ。


今は床の上に転がるペット氏。

一家に一台。僕らのカワイイオトモダチ。ペットにはニオイなし、エサ代要らず、面倒な世話のない僕らのエコ番長、ペットボトルがオススメですぅ!
ちっさい ぅ がタイプミスで入るとかどんなタイプミスだよと思いながら今日の日に希望を抱きつつ終幕。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
半濁点…句点?
とか、そういう所にいちいちツッコミを入れては無粋なんだろうが!!!ヾ・ω・ノ
にく 2010/09/04(Sat)15:17:53 編集
Re:無題
釣り針におにくが引っ掛かったわけですねw
【2010/09/04 21:40】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
うぇぶはくしゅ

拍手ボタン設置しました!別にR-18じゃありますせん笑
何かコメント、励まし、意見、ツッコミなどありましたらこちらから送っていただけると嬉しいかも!かも!
管理人について
かたといいます。
自己紹介(ver.2)の詳細はこちらです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク(バナー)
pixiv
そういえばあったpixivバナー

もこみっくる みっくさん

小鹿の住処 小鹿さん

ハズの見果てぬ夢 ハズさん

萩 萩原彰さん

pure doux** 中村さん



~当サイトへのリンク~
当サイトはリンクフリーです。
バナー200×40 かたないふ画像のURL  http://file.kata.mangalog.com/banner_kataknife.jpg
リンク先http://kata.mangalog.com/でお願いします。
管理人は「かた」です。
わりと変更するかもしれないので直リンクおkです。
最新コメント
コメレス済のコメントにはが表示されます

[03/10 かーたー]
[03/23 かしぱん]
[12/07 にく]
[10/02 萩原]
[06/15 にく]
ブログ内検索
フリーエリア
あいあむふりー
なり
時々過去の自分が書いた文章を読み返してみると面白い。再発見することもあるし、そういう意味でも日記のようなものは有用だと思う。
忍者ブログ [PR]